日本人

チーズの正しい切り方

さらに美味しくチーズのある食事をするために、是非とも「チーズの切り方」を覚えておくと良いでしょう。
少しのポイントだけ注意をすることで、見た目がとっても美しく、またより一層美味しいチーズに切ることが出来ますので、例えばお客様の前で切り分けるような時でも決して慌てること無くカットすることが出来ます。
チーズの切り方最大のポイントとしましては、中心部分と外側部分を均等に切り分けることです。

チーズというのは、一般的に外側から中心へと熟成が進んでいくことになります。
また青カビタイプの場合には、逆に中心から外側へと熟成をしていくことになりますが、どちらのタイプにおきましても、一個のチーズの中で中心部分と外側ではある程度風味が異なってきます。
このことから中心部分と、外側部分とが1ピースのチーズの中にきちんと含まれるようにカットしなければ、風味を均等にして味わうことが出来なくなってしまうのです。

中心に近く、熟成が浅く若い部分のフレッシュな味わい、そして外側に近く旨味が増加している部分と両方を同時に味わうことが出来るような切り方というのがチーズを最大限美味しくいただくための最重要ポイントとなります。
そしてチーズと言いましても、様々な形で販売されていますが、その形に合わせて切り方を変えていく必要があります。
例えばカマンベールなどといった円形のチーズの場合には、中心点から放射線状に切っていき、一つづつ三角形になるような形で等分にしていきます。

よくショートケーキなどを人数分に切り分ける時と同じような感じです。
またドーナツ型のチーズに関しましても、これと同様の要領によって切り分けてください。
そしてウォッシュタイプの「ポンレベック」などといった四角の形をしているチーズというのは、中心から放射線状にカットをしていきます。
これも一つ一つが三角形になるようにすることで、見た目が美しくなり、より美味しくいただくことが出来るでしょう。

このページの先頭へ