日本人

チーズを食べ過ぎてはいけない理由

チーズが大好きな人は非常に多くいらっしゃいますが、食べ過ぎるのはあまりよく無いです。
その理由をここでは簡単にご説明させていただきます。
この事実を知っておくだけでも、食べ過ぎは無くなることでしょう。

実はチーズの中には若干ではありますが、モルヒネの成分が含まれているのです。
誰もがご存知あの強力な鎮痛剤の代表格とも言えるモルヒネです。
ここで驚くべきことが、母乳や牛乳などにも含まれているということです。

牛乳に含まれているタンパク質のカゼインと呼ばれている成分というのは、チーズに加工されることによって、少々惑溺性も認められている鎮痛作用の出てくる成分へと変化します。
ですのでもし腸内で分解がされたカソモルフィンが体内に吸収されてしまえば、これはつまりモルヒネが持つ麻酔効果と同様の働きがあるそうなのです。
これは専門家によって見解が異なっていますが、チーズを食べて40分くらい経過した時が、最も強力な麻酔効果が出ると報告をしている学者もいます。

一般的には腸から体内の奥深くに吸収され、影響を与えてしまうような量では無いのですが、この事実を聞きますと、食べ過ぎてはいけないと自分でストップをかけることが出来ることでしょう。
特に小さなお子様のチーズの食べ過ぎは注意をした方が良いようです。
そんなチーズというのは、ビタミンB2が豊富に含まれている食べ物となります。

ビタミンB2というのは摂取をした脂肪を燃焼させる作用があり、体内に蓄積されることの無いような役割がありますので、ビタミンB2を含有しているチーズというのは、ダイエットをされる方にピッタリなのです。
よくチーズを食べている人というのは、逆に食べていない人と比較をしてずっとスリムと言われているのは、脂肪分解が活発に行われているからなのです。
その他に美容と健康に必要不可欠なビタミンAの含有量が豊富な緑黄色野菜よりも多くチーズには含まれているのです。
言うならば完全栄養食品と言っても良いのです。

このページの先頭へ