日本人

プロセスチーズが加熱しても溶けない理由

プロセスチーズというのは、ナチュラルチーズを原料として加熱をして溶かされたものを固めて作っていくことになります。
そのことから菌などが全て死んでしまうことになるために、再加熱をしたとしても溶け辛いのです。
ただし中にはプロセスチーズだったとしても溶けるタイプも発売されています。


そもそもその原料となるナチュラルチーズというのは、ミルクを乳酸発酵させて水分を抜き、酵素などの働きによって固めたものとなります。
そのままの状態でしたら乳酸菌などの微生物がそのまま生き続け、時が経過することによって徐々に熟成が進んでいき、味や香りが変化していきます。
いわゆる「生きているチーズ」と言われている理由がそれです。

そして先ほど簡単にご説明をしたプロセスチーズですが、1種類またはそれ以上の種類のナチュラルチーズを使って加熱溶解し固めて作っているチーズです。
加熱をすることによって乳酸菌などは全て死んでしまうことになりますので、それ以上の熟成はありません。
その一方で、長期間に渡って変わらぬ美味しい味を楽しむことが出来るなど、保存性は高まります。

プロセスチーズを販売する初期におきましては、ブロック状の製品が市場を占領していました。
その当時というのは日本人のチーズに対する知識や理解度は低くなっており、
その形が固形石鹸を連想させたこと、また独特の匂い香りなどから、食品への見た目と香りなどを気にする傾向にある日本人というのは、その固めたチーズに拒否反応を示すことになり、食わず嫌いが多く存在していました。
そしてソーセージ状のベビーチーズなどが市場に出回るようになり、パン食が普及してきたと同時にシート状に薄く切ったスライスチーズが人気となります。
少し加熱をするだけでも容易に溶けて食べることの出来るチーズが一般的に発売されるようになったのです。
現在でもこのスライスチーズは日本で一番の人気商品であり、多くのご家庭でスライスチーズの消費量が最も多くなっています。

このページの先頭へ