日本人

おもてなしのチーズレシピ

「おもてなし」2013年の流行語大賞にもなりました。

それではチーズを使ったおもてなしレシピにはどのようなものがあるのでしょうか?
種類が数千種類もあるというのは、全てにおいて食の魔力を持っていると言ってもいいでしょう。

チーズはそのまま食べても熱を加えても、そして冷やしても美味しいですし、おろしたり溶かして形を変えたとしても、最高の状態で食べることが出来ます。

朝食としてや昼食のサンドイッチ、また夜にはワインやウイスキーのおつまみとして、
時には病気を抱えている人の栄養源としても、チーズというのは様々な表情で人を魅了してくれます。

チーズというのは、切ってそのまま食べることの出来る重宝な食品です。
サンドイッチは美味しいですし、クラッカーに乗せてカナッペにしたり、またキュウリと一緒に海苔で巻くことによって和風のおつまみを作ることが出来ます。

さらに塩胡椒した生の肉にモッツァレラチーズを乗せ、オリーブオイルをかけてから食べるカルパッチョというのは、イタリア料理ブームの火付け役ともなりました。
さらにカマンベールチーズを切り、バジルと醤油を少し垂らしてからオーブンで数分焼くことによって、簡単なおつまみに早変わりします。
意外にも日本では一般的な醤油や海苔などの和食材と絡めてもよく合うようです。

チーズに熱を加えてあげることによって、トロッと溶けて香ばしい風味を醸し出します。
グラタンやピザなどといった料理には、このトロけたチーズが決め手です。
また魚や肉の上などにを乗せて、オーブンで焼いて作るcheese料理というのは、魚や肉から出てくるうま味をチーズを使って封じ込めることがでく、新しい美味しさを追求することが出来ます。
他にもズッキーニなどといった野菜、また白身の魚に挟んでから揚げることで、中でチーズがトロッと溶けて非常にまろやかな味に変わります。
是非様々なチーズレシピを真似て、最高のおもてなし料理をお客様に出してあげましょう。

このページの先頭へ