日本人

チーズのハードとセミハードの違いは?

一般的にはチーズは店頭で適当な大きさにカットされてショーウィンドウに並べられていますが、ハードのチーズというのは、大きい種類で数10キロと非常に巨大なものがあります。

作り方はプレス器を使用して強く圧力をかけることで、チーズ内の水分を一気に抜き取り、長期間かけ熟成させていくことになりますので硬質で長期間の保存をすることの出来るチーズになるのです。
もともとこのハードタイプは、山深い地方の冬場における保存食として広く愛用されてきていたようです。

固さの点では、ハードタイプとセミハードタイプとに分けることが出来ます。

これらのタイプは、テーブルチーズとして食べることも出来ますが、パルメザンに代表されている「超」ハードタイプというのは、卸して料理の調味料としましても使用することが出来ますし、
スイスにおけるエメンタールやグリュイエールというのは、温めて溶かすことでチーズフォンデュの材料にしています。
このように幅広い楽しみ方があるのが大きな特徴となります。

チーズの中で最も硬く大きくなっているのが、このハードタイプとなります。
製造工程におきましては、乳酸菌を殺してしまうことの無い程度に加熱をして、セミハードタイプよりもさらに強くプレスをかけます。
水分が極端に減少することで、硬い組織を作り出しています。

ですので熟成期間が長く、さらにタンパク質が旨味成分となるアミノ酸に分解をされたとってもコクのあるチーズが多くなっています。
使用される原料については、そのほとんどが牛乳となります。
ちなみに日本においては、水分が含まれている量によって、ハードタイプとエクストラハードタイプに分けられます。

ハードの場合は水分含有率が38%~32%、そしてエクストラハードの場合は32%以下となります。
日本には長い熟成期間によりまして、旨味がいっぱい詰まっており、風味が濃厚なコクのある様々なチーズがたくさんあります。
毎日異なったチーズを楽しむことが出来るのも面白さであり楽しみ方ですね。

このページの先頭へ