日本人

チーズダイエットとは?

栄養価がどんなに高い食品として知られているチーズですが、
多くの人は「チーズ=太る」といったイメージを持っているものです。

しかし、含まれている脂肪というのは乳化状態となっているために、非常に消化されやすく、
またナチュラルチーズに含まれている乳酸菌や酵素というのは消化をサポートしてくれます。
さらにビタミンB2は脂肪を燃焼させる働きを持っているために、過度な摂取をしなければ食べて太ってしまうようなことはありません。

ダイエットを始めようとしますと、カロリーだけを気にしてしまい、無茶な食事制限をして、結局十分な栄養を摂取することが出来ずに、体重を減量させることが出来たとしても、お肌がボロボロな状態になってしまい、最終的には体調を壊してしまうといって間違ったダイエットをしてしまっている人が多くいます。
だからこそ少量でも腹持ちが非常によく、栄養分が多く含まれているチーズというのは、ダイエットに最適な食品と言えます。
一日の3食のうち1食を栄養豊富なチーズにすることによって、大幅に食事量を減らすことの出来るのが「チーズダイエット」です。

他にも毎食に取り入れて満腹感を早めに出し、食べ過ぎを防ぐといった方法もあります。
3食全てにおいてチーズを食べる必要はありません。
またこのメニューを選ばなければいけない、という必要もありません。

チーズというのは、普段の食事の中では不足しがちなカルシウムやタンパク質、さらにはビタミンB1などといった栄養成分が豊富に含まれています。
チーズを使用した食事を普段から取り入れていくことによって、その他の食事で偏ってしまっている栄養のバランスを補填し、自然に体を最も良い状態に持っていくということがチーズダイエットの目的となります。
例えば6Pチーズ1個で82キロカロリーとなりますので、食べ過ぎてしまうと、カロリーオーバーとなってしまいますが、腹持ちが良いので2個程度食べれば、十分に食事の代わりになります。

このページの先頭へ