日本人

チーズが美容に良い訳とは?

本番ヨーロッパにおいては「白い肉」とも呼ばれているほど、更新質な動物性たんぱく質を豊富に含んでいるチーズですが、カルシウムやビタミンA、B2、ミネラルなどを豊富に含んでいる、非常に栄養価が高いことで知られているのです。
さらに、チーズは丈夫な歯や骨を生成するだけではなく、健康的なお肌や髪の毛を維持する作用、そして整腸作用、ダイエット効果、さらには制ガン作用など実に様々な効果を期待することが出来るのです。
一般的に脂肪分が多く含まれ、食べると太るというイメージのあるチーズなのですが、一日に必要な摂取量をいつもの食生活の中で食べるだけで、手軽に健康な体を維持することが出来ます。

牛乳や山羊乳などといった乳酸菌、レンネットと呼ばれている酵素を加えることによって凝固させますと、乳清と呼ばれる液体部分、そして凝乳と呼ばれるチーズになる固形部分に分離されます。
この際に乳が持っている栄養分が凝乳の方に移行し、濃縮されます。
このことからチーズにおいては、乳に含まれているたんぱく質の約75%、そして脂肪の約90%、さらにはカルシウムの約70%が含まれているのです。

チーズの種類によりまして、成分の分量というのはある程度異なってはいますが、例えばゴーダやチエダー100gというのは、同量の牛肉約1.5倍ほどの相当するたんぱく質が含まれており、カルシウムに関しては煮干約50gにも相当する豊富な量が含まれているのです。
それと同時に、たんぱく質と結合をしたビタミンB群や脂肪に溶けているビタミンAも凝乳に移行されます。
このようにチーズには、牛乳に含まれている主要栄養素を失うこと無く、そのままの状態で含まれている栄養分が非常に高い食品と言えるのです。
また塩分が多く感じるブルーチーズについてですが、ビタミンAやビタミンB群の働きによってお肌にハリやツヤを与えてくれます。
チーズを美容目的で食べている人は少ないかもしれませんが、早速美しい身体を目指すためにチーズ美容を始めてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ