日本人

11月11日はなぜチーズの日?

あまり知られていないことかもしれませんが、11月11日というのは「チーズの日」となります。
『政事要略』によりますと、文武天皇4年10月に日本全国に使いが出されており、「蘇」の製造が命じられていたようです。
そこで10月というのは新暦では11月に当たることになり、11月で最も覚えやすい11月11日を日本輸入チーズ普及協会、そしてチーズ普及協議会が、「チーズの日」と定めたのです。

また蘇に関する最も古い記録としましては、更に大化元年まで逆上ります。
実はこの年、高麗から帰化人善那が蘇を献上されたという記事が残っていたのです。
この古代における日本に存在していた乳製品の「蘇」というのは、濃縮クリームのようなものだったのでは無いかと言われています。

これを更に精製されたものを「醍醐」と呼んでいたようです。
バターというのは乳を撹拌することによって作られますが、チーズについては少々複雑な過程を経由して作られています。
まず乳を雑菌の繁殖から防ぐために殺菌をして、スターターと呼ばれているカビや細菌を加え酸の生成を促進させます。

そして豆腐状の物質が作られますので、これをさらに細かく切断をして水分を取り除きます。
その後暖めて、場合によりましては加塩をして、型に詰めてから生チーズにしていきます。
この出来上がったものを数ヶ月から2年ほど熟成させることによってナチュラルチーズが完成します。

チーズの製造というのは概ね6000年前頃にインド・メソポタミアなどで盛んに行われていたと言われています。
伝説によりますと、とあるアラブの商人がミルクを革袋に入れ砂漠を旅し、その砂漠の熱さで飲もうとした時に変色をしていて、表面に香りのよい液体があったようで、これがチーズという食品が出来上がった起源とも言われています。
日本はもちろん世界でもチーズ人気は非常に高く、健康にも良いということで、今では様々な種類のチーズが発売されています。
ご自分の込みに合わせて最高のチーズを探す旅に出てみてはいかがですか?
▼最近話題のアラキドン酸サプリメントについての記事も必見です。

このページの先頭へ